2018年05月13日

もう一人の自分。

一気に読めました!
こちらの本。
7D30BE0E-D813-4110-95D2-EE67DCA26A12.jpg
考え方の視点を変える、
自分の考え方の癖を知る、
今の自分がどこにいるのか、

もう一人の自分が今の自分のことを見る。
客観的に自分を見られると
気づけることがありますよね。

わたしはそれが出来ずに自分の中でグルグルしてしまいがちなので、
そう見られるようにクセづけしてみようと思いました。

今自分がやってること、考えてること、思ったことを
止まって見る。

F79CAD9A-57E8-461B-8F95-E63C490B0E67.jpg
「そーゆーことだヨ〜』

それが出来きると
きっと余裕が出てくるね。










posted by ジャムラ母 at 22:55| 茨城 ☔| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

春バテって最近聞きますよ。

ジャムらずコロった散歩。
最近はジャムは一頭で歩き

6F5A1D74-065A-4305-80D7-9950010F37FB.jpg

ララとコロったの二頭引き。
(こちらの写真はないのです)

桜も散ってしまったけれど

これだけ植えてあると
中にはこんな桜もありますよ🌸
A013231F-C426-44B5-BE2A-5314A9D21477.jpg

周りは散っても遅れて咲いたせいか、
この木の桜は今満開?

おもしろいねーー。
でもこんな風なのもいいよね〜と思います。

みんなが咲いてる時はまだ蕾でも、
時間差でこうして綺麗に咲いて。
楽しませてくれて。
何が違うのかはわからないけど、
咲くことができてよかったね〜(^-^)

436F1274-0214-422E-B5D9-703C8D6109EC.jpg
こちらは地面に散った花びら。
これだけあると集めて何か作れそうな気もしたりしてね。
…作らないけどね(^◇^;)
B041E635-E40F-493B-B24B-BB9EFAEDEF0F.jpg
みんな散ってしまっても、
頑張って枝にくっついてる桜。

今年は桜は見ながらたくさんお散歩を楽しめました。

春バテって体のことだと思うけど、
気持ちが入らないと体も動かない?!
いやいや、
そんな時こそ体を動かす、
別に運動を始めるとか、そんなことではなくても
まずは体を動かしてみると、
あれあれ…できる気がしてきて、
出来たりします、諸々なこと。

先日届いた本

7DA1C199-4CAF-4784-A765-C3D2531C6EB0.jpg

2冊は違う本だけど、中身が似てるところもあり、
『!!おんなじ事書いてある!!』と思いました。
まずは動こう、そうすると気持ちも入ってきそうかな?

四月に入って、私は仕事とか、仕事とか、仕事で(^◇^;)
少し気持ちも塞ぎ気味だったけど、
上を(前を)向いて歩きましょう。

ジャムらずコロったにはニコニコな笑顔の私でいよう(^-^)

D309F598-DBA3-470F-93B2-F8AE81F5F7EF.jpg







posted by ジャムラ母 at 13:16| 茨城 🌁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

本を読もう。親子(親仔)。

少し前にFBのお友達のオススメの本。
887822B9-1B7E-4144-9562-B2585FAE25DD.jpg
タイトルが切ないですね。
人の親子の話ですが、
もう一度読みたい文があってそこを探しながらまたもう一度読んでみるとさらに深く感じます。

それは犬育てにも通じるのではないかなぁと思ったこと。

本の内容は摂食障害、引きこもり、虐待を受けて育った子などの親子関係の話なのですが、

親が気づき、子供をそのままを受け入れると問題解決に向かっていくのだなぁと。

親は、なぜだと子供を責め、またそんなふうに育てた自分を責める。

でも子供はそんなことは思ってるわけはなく、親に謝ってもらいたいわけではなくて。

私がこの本でもう一度読みたかったところは
引用しますと
【たとえ子供がまだ言葉を話せない赤ちゃんであったとしても親は子供に頼り、子供に助けられている。おっぱいをもらって満足している赤ちゃんの顔をみて救われるのは母親だ。】

救ってあげているようで、実は救われているのは母親だった…
また本の裏にも書いてあります、ここも。
【真の解決は親が子を救いだすのではなく、子に親が救われるのだと分かった時に訪れる。】とあります。
親が気づくということなんだなと。

親は子供のためにと思うけれど度を過ぎると
時にそれが余計な事だったりしますよね。

そして子供はその親に応えようとして頑張り、そして頑張り過ぎて壊れてしまうこともある。

また我慢する親を見てきた子は自然と意識しなくても我慢をするようになる時もあるようです。
こんな子供の顔からはきっと笑顔は消えてしまうだろうなと思いました。

親を見て子は育つ、だから親は笑顔でいるのがいいです。
たとえ作り笑顔でも。
子供は親の笑顔が見たいものですね。

だから親が悩むと子供もどうしたらいいかわからなくなるのだろうな。
悩ませようとしてるわけではないものね。

だから親を救うために子供は心の病にかかってしまうのだろうなと、

そんなことを思いました。

親は子供を包むというけれど、
子供は更に親のことを包んでいて、
親はそれに気づいていないのだろうな。

子を思う親の気持ち
それ以上に親を想う子供の気持ちがとても切ないと感じた本でした。

文も難しくないのでよろしければ読んでみて下さい、おススメです。

















posted by ジャムラ母 at 08:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする