2020年10月18日

もう一度読む、『ネガティブケイパビリティ】

お友達の紹介していた本で、今年の私の一番の本になりました。
【ネガティブケイパビリティ】


ネガティブ・ケイパビリティ  答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木蓬生
ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木蓬生


ちょっと思い出したのでもう一度読んでみようと。

こうしていろんな本を何度か読み返す時がありますが、
その都度また気づきがあります。

こういうふうに気づけることっていいなと思います。

【宙ぶらりんの中にいて、探し続ける、そこに居続ける力…】
これもある意味強い気持ちがないと居続けられないのかなとも、思います。

トンネルの中を生涯かけて何かを探しながら歩き続けるのは…かなりキツイことだろうと思うけれど

今のこの時代はそんな状態が多くて
白黒ハッキリしていることの方が少ないのかもしれない…


でも

それでも、自分が大切にしていることは
大事にして
揺れることなく、
でもたまに揺れてもいいのか…。(どっちだ?!)

中庸を歩こう。

偏らず中庸でいこう。

280F514F-84FE-414E-8783-0E9786B1CCB2.jpg
『ちゅうようってなんだヨ?』

(≧∀≦)



お読みいただきありがとうございます。
お散歩ララとワタシをポチっと応援励みになります。



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ジャムラ母 at 19:20| 茨城 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

『答えの出ない事態に耐える力』

これはサブタイトル?なのかな?
本の名前は【ネガティブ.ケイパビリティ
答えの出ない事態に耐える力】

7CFFAF0C-DAAE-482E-BC16-4871ED24B86A.jpg
お友達からの本の紹介があって読んでみました!


ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木 蓬生
ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木 蓬生


まさに、今のこの時代に必要なことなのだと思いました。

宙ぶらりんの答えの見えないところに、い続ける力、性急な事実や理由を求めない、
耐え続ける力、のようなことなんですね。

答えがすぐにでるようなことは人生のほんの一部でしょう…とあります。
(p.193より引用)

私たちは何でも方法や答えを知りたくなるものですが、(脳はそのように出来ているようですが)それを探しながら歩いていく、トンネルの中にいても歩き続ければきっと光が見えてきて、その光(出口)を目指して進んでいける、
生涯かけて、何かを掴みとる、それまでは耐え続ける…そういう力なのだと書いてあります。

4CF293CD-B2EB-4600-A225-A4BFC6337D82.jpg
『耐えるダワサ。』

そしてもう一つ感じたことは
【日薬、目薬】の話。
(目薬は目にさすクスリではなくてね)
日薬は時間、日にちが必要、時間が経てば治まっていくのではの意味で。
目薬とは『見守ること』見守られていると、頑張れるってあるじゃないですか、まさに、それ!です。
一人じゃないよ、私がいるよ、見守っているよっていうこと。
なんだか勇気が湧いてきませんか?
耐えられそうな気持ちになりますよね。(^^)

だから私も苦しくても
この不自由な中にいても、い続けて。
い続けて宙ぶらりんでも歩いていこうと思います。

それでもいいんだよ、って。
励まされたような気持ちになって、
読み終えた後、とても清々しい気持ちになりました。


お読みいただきありがとうございます。
お散歩ララとワタシをポチっと応援励みになります。



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ








posted by ジャムラ母 at 15:51| 茨城 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

本のこと。

今日のジャムら地方、少しみぞれが降りました。
雪のところもあったようですね。

寒いわけです(^.^)

少しずつ読んでいて、読み終わりました。

『大人を黙らせるインターネットの、
歩き方』


大人を黙らせるインターネットの歩き方 (ちくまプリマー新書) - 小木曽 健
大人を黙らせるインターネットの歩き方 (ちくまプリマー新書) - 小木曽 健


とても面白かったです。
小木曽さんが子供たちの質問に答えるように書いてある本なのでとても読みやすいですよ。

話し方が、『例え』がお上手で、

なるほど、それは確かにそうだなって
私も読みながらずーっとうなずいてました。

本文に、(引用しますと)あるのですけど

【トラブルが絶対に起きないSNSってらあるのですか?】という質問に対する答えなのですが、

SNSを自転車に置き換えて話していて、
乗っていて交通事故を、起こさない自転車ってありますか?って。

もちろん、それはないと。
それは交通事故は自転車が、おこすものではないからです、と。

事故をおこすのは人間です、
どんなに安全性の高い自転車でも乱暴に乗ったりひどい乗り方をしたら事故を起こします、
でもちゃんと安全に乗れる人ならどんなポンコツな、自転車でも事故は起こさないでしょう、それと同じです、って。

…なるほど〜と思いました。
とても例えがわかりやすくてそしてユーモアもあってきっと子供たちは楽しく聞いているだろうなと想像しました。(^。^)

C0EE98BD-EF3C-4D67-86FD-ED789F8BA2B1.jpg
最近のジャムの定位置。
ここでウトウトもします(^^)

やっぱりそれらを扱う『人』による、
ということなんだなぁと。

私も正しく間違えないように使おうと思います。

FE2950E8-F864-438E-9436-7E89D316064B.jpg
(シニアコンビ、コロったさんは誰とも一緒にいられるコ。)

本もいろいろ面白いですよー。^_^


お読みいただきありがとうございます。
切り株ジャムらずをぽちっと応援励みになります。



にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





posted by ジャムラ母 at 20:45| 茨城 ☔| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする