2020年02月15日

福島の学びで思い出したこと。

福島での学びの記事を書いていて、
『あ!』と思い出したことがあります。
6E57A588-EC75-439D-9D16-C165EACD7CD0.jpg
『おかーさんな、何か言い忘れたことがな、あるってヨ』

小倉先生も荒井先生も言われていましたが
【安全第一】

フィーダーを与えて遊ぶ時はまずはワンコさんたちがどんなふうにそれらを使って遊ぶのかその様子を観察してください、と。

【安全第一】
先生方もここは声を大にして言われていました。


フィーダーを与えて、与えっぱなしで、自分は他のことをしていたりなどはせずに…特に始めはよーく見ていてあげてください、ということでした。
『どうやって遊ぶのかな?』と、その様子を見ることも飼い主は大事。(^-^)

やっぱりケガなどしないように、丈夫に作ったつもりでも壊れてしまったり、壊れた物でケガなどしないようにとか。

あと、やっぱりワンコさんは家庭犬だから、
壊して終了したり、フィーダーを噛んだまま首を振ったり、とかは気をつけた方がいいのかな?
(我が家ではそれはないけれど)
そんな時はさりげなく飼い主は介入できるといいのかな?興奮しすぎる前にさりげなくがいいのかな?
また興奮しても飼い主の介入を受け入れられるようにする、
興奮が切れるようにできるといいのかな?
などと思いました、

今度犬の先生に聞いてみよう。

あくまでさりげなく。
上手に遊べるように、飼い主も一緒にそこにいて楽しむのがいいですね(^ ^)

体を使い脳も使ってオヤツを食べる、

私たちと一緒に暮らしているワンコたちも
ご飯は1日2回とか3回とかですけど、
栄養のある物を、与えられてそれを食べるわけですけど、オヤツをあげる、オヤツを使って遊ぶと、カロリーオーバーなど心配される場合は1日の食事の中からオヤツ分をとって与えてあげればいいと思うのです。
そうすればあげすぎることはないと学びました。

D4245113-157A-4696-849A-6CC979156AEC.jpg
『これな、面白いヨ』
ララちゃんは何でも面白いんだよね〜
何でも遊ぶもんね。若い証拠??^ - ^
(7歳のララ、まだまだイケイケです)


お読みいただきありがとうございます。

切り株ジャムらずをぽちっと応援励みになります。


にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





posted by ジャムラ母 at 08:00| 茨城 🌁| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

福島での学びパート2 午後の部。

環境エンリッチメントの学びの午後の部です。
D251C8AF-3107-4653-9287-4EC010C3128F.jpg
フィーダー作り。

紙テープで編み方を練習…
始めのところが編めちゃえばいけるかな?

見た目簡単そうで、始めがややこしいのです。

8A9C6F1C-E28F-4B9A-9CD9-B31A8DF7B79F.jpg
で、ピンクと赤を選んで編み、完成!

そして、

これ、元は何だとおもいます?

56016FB5-4138-4B5C-B138-F60D31BAE286.jpg
ドリルで穴を開けてもらいました!私は二ヶ所ね。
(ちょっと私はドリルは使えないので…)
見てるとDIYのようです、楽しそうでした。
…って、私は作ってもらいました、
(こなつままさんありがとうございます)
この中にオヤツを入れてコロコロ…転がして遊ぶかな?我が家の場合はね。
大きなワンコさんは投げたりとかも。
いろいろ工夫して遊べそうですよ^_^
工夫は飼い主の仕事ね。

そして、
73F97AEF-8DA0-4C3E-B022-C6BAC6AB716B.jpg
これは我が家の小さいワンコ用に作りました。
これも元は何だと思います?とってもいいものです。
これと
112C4511-5270-4545-A1E8-42F1D8366925.jpg
これは、編んだ隙間にオヤツとか挟んだり、中に入れたり、いろいろ。紐は解けてもいいんです。
それもまた遊びの一つ。

大きなワンコさん用には、皆さんもっと大きくしっかりと編んで作っていました。
(^ ^)

ワイワイ、『あーそうするのか、ほーほー、なるほど、そうなるのね、』とか、

楽しく作ってきました!

で、
1372E829-F814-490E-B9DF-522BA82BE20A.jpg
家に帰ってから
紙テープで編み方復習して、
100円ショップでヒモを買って作ったこちら。

もうですね、
我が家の女帝は虜ですっ、
A15D1B71-0AC9-4697-8BF4-7C95DA7774A6.jpg
コロったさんも遊びます。

ララはこういうのは大好きなようで。

ジャムも

497F2448-CC67-4F5B-8EE3-FEFDCAEA386D.jpg
遊びますよ^ - ^

新たなオモチャ投入で、3ワンもときめいてくれたら私はとても嬉しいです。

CDF54F65-32A1-40F8-B0E9-657AFE63E4B7.jpg
『あのな、うちはな、これな、やっつけるヨ』

はいはい、
遊べてよかったね。

こんなにたくさん道具を揃えてくださって
また工具などもボタンとか、ネジとか。
大変だったとおもいます、
感謝です。


来月の学びも楽しみです…
(の、前の宿題、がんばりますね)


小倉先生、荒井先生、
こなつままさん、
ご一緒しました皆さん
楽しい学びをありがとうございました。
またよろしくお願いします(^.^)



お読みいただきありがとうございます。

切り株ジャムらずをぽちっと応援励みになります。



にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





posted by ジャムラ母 at 19:10| 茨城 ☁| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

環境エンリッチメントの学びに行ってきました!

福島へ行ってきたのは
お勉強で、です。
【ペットサービスもごせ】さん主催の環境エンリッチメントを学んできました。

小倉先生、荒井先生の話を聞いていると
三年前に茨城大学で一般聴講生として動物行動学を学んだ時の話を思い出しました。
(茨大では畜産動物の話でした)

☆茨大での学びの記事です。←
実は私は犬の事を学ぶようになってから、ペットショップに(生体販売のある)行けなくなってしまいました、可哀想で、
人に見られるためにケースの中にいる犬猫たちをみられなくなってしまいました。
でも今回のように飼育員の方や、動物のQOLを高めるための取り組み、研究の話を聞くと、そこの動物たちに会いに行きたくなります。

動物は行動する生き物、人間も、そうです。

特に菜食に関しては野生では食べ物を探すためにしてた行動が人から栄養のある食べ物を与えられるようになり、一日中?かけて食べ歩き?してたことが短時間で食べ終わってしまうということ。
ここに食べるのに時間をかけて、またそれを楽しめる工夫、遊びながら食べること。
(^-^)
人間では遊びながら食べることはいけないことだけど、動物園など人が飼育している動物たちにとってはとても重要なこと、大切なこと。

出来るだけその動物たちの遺伝子に組み込まれた行動を引き出してあげるそのために環境を、整えることがQOLを高めること、飼育されている動物たちにとっては(勿論私達のワン、ニャンたちも)人がそれをしてあげることはとても重要で大事、問題行動が出ないように、正しい行動ができるように整えてあげる、

食べることは、生きること。

私たちを楽しませるためにいるそこにいる動物たち、だったら私たち人がそれをしてあげなくてはいけないように思います、義務なんじゃないかなって、思います。

そこで暮らす動物たちに想いを馳せる…
動物福祉のまずは初めの一歩なように感じました。
先生方の動物たちへの想いもしっかりと感じとらせていただきました!!

こうして学ぶと今までの学びがとてもリンクします。一緒に暮らす動物たちのことを【知る】ことは大事です。

そして知るために記録をとること。
上手くできた時、出来なかった時、記録があると振り返り、また考えることもできますもんね。
…やっぱり記録すること大事だなぁと。
そうよね、ジャムらずのカスタネットも記録とってたから出来たことだよなぁと。
(我が家のジャムとララがカスタネットを鳴らせるようになったこと、(^^)ふふふ)

そして午後はワークショップ。
午前の部はしっかり座学でお話を伺ったので、

1E941E01-928D-4997-AD72-62F6D302B6D7.jpg

午後は、体を動かして学びます。

そうね、こうして人だって座ってばかりよりも体を動かすと、また新鮮っていうか、楽しくなりますもんね、
人だって動物だわ!(^^)

午後はフィーダーを、作りました。

その話はまた次回書きます、
(長くなっちゃったので、m(_ _)m)



お読みいただきありがとうございます。
切り株ジャムらずをぽちっと応援励みになります。



にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

posted by ジャムラ母 at 22:30| 茨城 ☀| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする