2020年09月16日

『答えの出ない事態に耐える力』

これはサブタイトル?なのかな?
本の名前は【ネガティブ.ケイパビリティ
答えの出ない事態に耐える力】

7CFFAF0C-DAAE-482E-BC16-4871ED24B86A.jpg
お友達からの本の紹介があって読んでみました!


ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木 蓬生
ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木 蓬生


まさに、今のこの時代に必要なことなのだと思いました。

宙ぶらりんの答えの見えないところに、い続ける力、性急な事実や理由を求めない、
耐え続ける力、のようなことなんですね。

答えがすぐにでるようなことは人生のほんの一部でしょう…とあります。
(p.193より引用)

私たちは何でも方法や答えを知りたくなるものですが、(脳はそのように出来ているようですが)それを探しながら歩いていく、トンネルの中にいても歩き続ければきっと光が見えてきて、その光(出口)を目指して進んでいける、
生涯かけて、何かを掴みとる、それまでは耐え続ける…そういう力なのだと書いてあります。

4CF293CD-B2EB-4600-A225-A4BFC6337D82.jpg
『耐えるダワサ。』

そしてもう一つ感じたことは
【日薬、目薬】の話。
(目薬は目にさすクスリではなくてね)
日薬は時間、日にちが必要、時間が経てば治まっていくのではの意味で。
目薬とは『見守ること』見守られていると、頑張れるってあるじゃないですか、まさに、それ!です。
一人じゃないよ、私がいるよ、見守っているよっていうこと。
なんだか勇気が湧いてきませんか?
耐えられそうな気持ちになりますよね。(^^)

だから私も苦しくても
この不自由な中にいても、い続けて。
い続けて宙ぶらりんでも歩いていこうと思います。

それでもいいんだよ、って。
励まされたような気持ちになって、
読み終えた後、とても清々しい気持ちになりました。


お読みいただきありがとうございます。
お散歩ララとワタシをポチっと応援励みになります。



にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ








posted by ジャムラ母 at 15:51| 茨城 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください