2018年09月29日

菊水先生のお話。獣医学フォーラム2018

今日は早起きして、久しぶり五時起きの散歩終了後、四谷まで。
獣医学フォーラム2018に今年も行ってきました。

早起きしたのは
朝イチの講義菊水先生のお話を聞きたくて。
実は初めて拝聴しました。

人と犬の絆の話。
人と視線を合わせることができる犬、
視線はアタッチメントシグナル…。

人と共に生きてきた歴史が犬にはあり、人の行動に合わせて生きてきたのは犬だけだそうです。

そして面白い様々な実験の動画もありまして、
人の指差しで犬は動くことができ、チンパンジーには出来なかったこととか、

犬は人を頼ることが出来て、
食べ物を使った実験で人を頼ったのはやはり犬だけ。オヤツが取れないと人の側に行き、まるで『なんとかしてよー」みたいな様子。そして人に飼われてるオオカミでは人を頼らすを自力でなんとかしようと悪戦苦闘していました。
そんな様子をみて、やっぱり、頼られるっていいなって思いました(^o^)

あ、視線の実験も面白い動画で、それぞれの実験みて可愛いくって面白くってたくさん笑ってしまいました。(^o^)

犬と人は『寛容性』からスタートしているという話もありました。
異種同士なのに絆を作ることができる、

東日本の震災で福島に立ち入りの制限がかかっていた時の話で、
避難所に連れて行けなかった飼い犬に一週間以上ぶりにフードをあげに帰った飼い主さんが、何かあったら自由に動けるように首輪を緩くして抜けるようにして、そして一週間ぶりのフードをたくさん、何日分かを置いて車で帰る時、
その犬は一週間ぶりのご飯でお腹も空いているだろうに、食べずに車で行ってしまう、飼い主を追いかけてきた動画を見ました。
『お腹は空いていてもご飯よりも飼い主さんがいい、側にいたい、そんな動物が犬なんだ』と。
とてもジーンとして切なくなりました。

犬は誰かと絆をつくる、その誰かが、重要で、それは犬にとっては「飼い主』なんだそうです。
もう目頭が熱くなりました、
他の誰かではなくて飼い主なんです。

胸の中がなにかで一杯になってきますよね?

お話をきいて幸せを感じました。

…あ、ちょっとホッコリクスッと笑えるお話も。

例えば犬がお留守番をしてる時、
帰ったら家の中がいたずらされてびっくりした時は…

犬は飼い主がいない、というのを理解して、いない間にいたずらをすることができるんだ〜飼い主がいるといないをちゃんとわかっているんだなとそう思って、叱らずに笑ってあげましょう、って。(^o^)

先生の人柄も垣間見えたお話でした。


他にあと3つお話を聞きました。
『毛』の話も面白かったな、先生も面白い!もうたくさん笑ってしまいました(^。^)
『毛』はね、私も美容の仕事をしてたので毛髪科学は知っていましたが、『えーーー!!』とびっくりな、話もあって。
話に引き込まれてあっという間の時間でした、皮膚科の先生面白すぎです。

帰りは雨、早く帰ってジャムらずコロったさんに、会いたいなぁと電車の中では3ワンのこと思いながら…でもすこーし寝てしまったのでした。

755132A8-1FD3-4251-A832-B705437A463D.jpg
あのな、
おみやげな、
クッキーでいいヨ〜

あ、ブース巡りではコロったさん用の滑り止め用のブーツと、みんなで遊べるオモチャを買いました。



ポチっと応援お願いだわさ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




posted by ジャムラ母 at 22:14| 茨城 ☔| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください