2017年03月15日

極寒の、リードワークワークショップ。

今日はリードワークワークショップに参加してきました。

とーっても寒かったです、なのに手袋を忘れて失敗です。

寒いと体も丸まったりしますけど、リードワークの時はシャッと姿勢よく行きたいものです。

今日は大きなわんちゃんピーク君とフレブルのグリュックちゃんのリードを持たせてもらいました。
ピーク君は走り出されたらなかなか止めることが出来ず、ホント、自分の体なのに思うように動かなくて、もう…間に合わないんですよね、(^^;;引っ張られてしまった私です。

ピーク君は『ウヒョー(^ ^)』とニコニコ顔してたらしいです。
自分の体幹がまるでなくて、もっと体の中心を意識して、最終的には意識しなくてもしっかり芯を感じる(…というか)日頃の姿勢とかも意識しようと思いました。

そしてグッちゃんは始めの方では声もあまりかけられず。でも途中からは声かけしましたよ。
ピーク君の反省を少し引きずってしまった…始めのうちはね。でも、
後半は、歩いたり走ったりしてくれた、ニコニコしてたグッちゃん、嬉しかった、ありがとう、元気でましたよ。

リードワークワークショップは全部で5回あるうち今日は3回目、私は『おさらい参加」どうしておさらい参加なのかは、
それはとてもとても難しく、奥が深い学びだからなのです。
おさらい参加する方は他にも何人もいらっしゃいますよ。

リードワークの勉強をすると私は毎回いつも必ず思い出すのは『美容師』をしていた頃のこと。

美容室の先生ご指名のお客様が来店した時先生がおらず、私が担当させてもらった時、いつも仕上げのスタイルは覚えていたからその時は先生の代わりに『じゃ、あなたでいいわ』と言われ仕上げた時、
私としては『よし!やった、出来た!』と思っていたのに、お客様からは『ブラシ、コームでとくのが痛かった、ピンもつれてる、先生はそこにはピンはうたない』という厳しいお言葉をいただいたこと。

毎回仕上げのスタイルは見ていた『つもり』だったけど、やはり『手しごと』は違うんですね。同じようにやっていてもお客様は違うと感じたこと、技術って難しいって思ったこと…。いつもいつも思い出します。
リードワークにもこれを感じます。
わんちゃんたちは正直で(^^;;止まっちゃったり、離れちゃったり…。
心地よく歩けるリードワークは、
まだまだ私は勉強です。

そしてこれは帰ってきてから気づいたこと。
チャーリーママさんからFacebookの返信をいただいてから気づいたこと。

学ぶことは技術だけではないということ、
それはとても人にも犬にもまたそれらを取り囲む周り全部に温かくて優しい心…なのかな…と思いました。
相手を思いやる気持ち。

これは今日の私が引っ張られて、人にぶつかったり、犬同士近づいてしまってガウガウしたり、走ってきて、また走り去って、ガヤガヤさせてしまったり…全部今日の私がしてしまったこと、こういうことって、日頃自分の周りでもある?よね?

こういったことを今日の私は温かく見守ってもらったなぁということ。

そしたら今度は自分もそういう気持ちで向かうようになりたいなと思いました。

ワークショップから帰ってきて、一人ダンボールに折り紙貼りながら、『今日の反省会』をあれこれ考えていて、そんな時にいただいた心にしみる言葉でした。


チャーリーママさん
ご一緒しました皆さん、
わんちゃん先生!

今日もお世話になりまして、
ありがとうございました。

写真はノーズワークのダンボール箱を可愛くしようと折り紙を貼ってるもの。
あとまだまだいくつか貼らねばなぁ〜

F27E7662-FB65-40CC-8AB1-6C602ABCD6D3.jpg





posted by ジャムラ母 at 21:58| 茨城 ☁| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください