2017年02月14日

ララとの暮らし。

ララはお口が出ます。
つまり『咬む』時があるのですけど、
ララの『咬み』は攻撃ではありません。

『嫌だよ、やめてよ、あっち行ってよ』など距離が近いとその反応がでます。
3183C638-9F06-45C9-AB7F-5CCB2A06E9E1.jpg

ララが上位になっていて、私が下、なんてことはありえません。

ララは犬で私は飼い主だから、
そういう関係って(上、下の)成り立たないんです。

私はララを迎えた時はすでにそう考える事はなかったので、厳しく叱ろうとか今のうちに厳しくしつけを、とは考えたことはないですが、

初めて犬を飼い、暮らしている中で、飼い主さんは不安になってしまいますよね、

ジャムは咬むことはなかったけれど、吠えで悩みましたから、このままでいいのかな?!と悩む気持ちはわかります。
…が、

間違った方法だけは絶対にその後のわんちゃんとの暮らしがハチャメチャに壊れてしまいます。

なぜ咬むのかな?と、いうことを
自分の感情をいったん横に置いて、ちょっと考えてみませんか?

考える時に大切なことは、わんちゃんの体を痛めつけたり体罰のようなしつけは『はたしてこんな事で治るのか?可哀想じゃないか?』という疑問の気持ちを、カン、を大事にしてほしいなと思います。

もしも、そう思ったら、そのような方法はとらずに他の方法を選ぶ、人としての優しい気持ちを忘れないでいくことが出来ればなと思います。

もしもララに対して私が酷い事をしていたら…と考えると、


ゾッとします。

今の暮らしは、ララとの楽しい暮らしはなかったな、と思います。

そう、自然に思える私でよかったなと思います。
4E606E9C-6EF8-4480-ACED-8F1418FC0EEB.jpg

だからわんちゃんの『困った問題』があったら正しい方法を選べるように、
正しい方法が広がるように、

http://ameblo.jp/charlie418/
先生のブログ、『ワンラボ』

私もジャムの『吠え』からたどり着いて、
今があります。


私も、いち飼い主ですけど、頑張ろうと思います。







posted by ジャムラ母 at 11:53| 茨城 ☀| Comment(0) | ララのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください