2016年12月03日

クレートインして『ストライキ』その2

続きます〜(⌒-⌒; )

チャーリードッグスクールの『名前を呼んでオヤツ』を大事に。
今までもちゃんとやっていたけれど、でももう一度ちゃんとやろうと思って。
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2009/10/08/060000
スクールの先生のブログで『名前を呼んでおやつ』のことが書いてあります。

そして、クレートの中にいる時はもちろん中を覗かないけど、
私自身、無反応を意識してみました。
…とっても気になるんですけど、
気にしないように、振る舞う。
入った時も、出てきた時も。

それと、お散歩の時間を変えました。
今まではお散歩終了⇨部屋に入る⇨お母さんは仕事⇨留守番…という流れが自然にあったので、
散歩のあと仕事に行く、とならないようにしてみました。

考え過ぎかな…。

本当のところはジャムに聞いてみないとわからないけど。

それともう一つ、わたしのリードワークの悪さもあります。
それは、散歩の出始めが、家のすぐ前の道路が怖い、嫌な場所になっていたんだと。
ここでの車、通勤、通学の自転車、走る人、などなど私の緊張とリードの張りが原因だなと、だから玄関から出るのが怖い、というのもあったのかもしれない・・と思いました。
だから車で公園は歩けたし、他のお散歩場所も、自分から出てきます。

そこで、無理して部屋からでなくても、クレートのまま駐車場の車の中に入れてそこから『おいで~』と呼んだら出てきました^^
なのでしばらく続けてみました。
そして数日後クレートを玄関まで持っていき、玄関であけて『お散歩行くよ~』と声をかけたら
『よっこらしょ・・』な感じでしたが出てきて、玄関からスタート出来て。
また先月の『さいたまお散歩トレーニング』のときにハク母さんから
『抱っこ散歩』のアドバイスもいただいたので、
怖い道路だけでも抱っこで歩きました。

そんなこんなで、この前は今まで通り部屋から『行くダワサ~』とスタート出来ました。

もしかしたら散歩はどこからスタートしてもよかったのかな?
部屋から出られなければ出られるところから行けばよかったのかもしれない・・?
あまり難しく考えずにその時その時で私が柔軟に考えればよかったのかな・・?などと思ったのですが、
今まで出来たことが出来なくなると、ただその『出来なくなった事』にとらわれてしまいがちで
ジャムの気持ちやその時自分がどんなことをしていたかなど気づかなかったりします。
こんな時に叱ったりしたらもっと酷くなると思うのです。
自分のことも振り返ってみるのはとても大切で、振り返れる自分でいてよかったと思っています。
まだまだ足りないけれど、
勉強してきてよかったなと思いました。

犬育てで困ったな、と思った時に
http://cds.hatenablog.com/   ←スクールのブログです。

7A1C6158-4132-4F3F-833B-99CDCAA2DDC7.jpg

歩き出せば歩いちゃうジャムなんですけどね。

それに秋以降のジャムはとっても落ち着くのも早くて・・。
でもお喋りなところもまだまだ・・とっても元気なのですよ~~

暮らしていればいろいろあるさってことですね。


















posted by ジャムラ母 at 17:39| 茨城 ☁| Comment(0) | ジャムのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください