2018年07月18日

『おかはんのうただ』

昨日、ジャムの背中あたりを撫でながら、
『ゴローン』でよこになってスースー寝息を聞きながら
思い出した事がありました。


『おかはん』って(^^;
長男が私のことをそう呼んでいた時があって、2歳くらいのときかなぁ?

次男が産まれる時、長男は私の実家で一人でお泊りを一週間くらいかな、

両親はずっと自営業だったのでとても助かりまして(^-^)
長男はずっと仕事部屋とかにいたらしく、
昼間はわりと普通に過ごしてたようですが、
夜、お泊り何日目か?なかなか寝なかったらしい時に、
前もって母に渡しておいた【とっておきの物?】のおかげで助かったと言われた事がありました。

当時はカセットテープ(今はないよね?)があって、そこに私のアカペラで歌った歌を15分くらいのテープに録音し、母に渡しておいた物なんですけど(^^;

テレビで流れた歌とか、童謡とか、よく眠る前とか歌ったり、普段のお散歩で歌いながら歩いたりなどの歌を数曲(^^;

それを長男に聞かせてあげたら

『おかはんのうただーー』と
聞きながら寝たそうで(^^;

朝、起きても、昼間も思い出したように
『おかはんのうた聞く!』と
カセットデッキのボタンを自分で押して、
片面終わったらテープを反対に入れ替えて(^^;ずーっとほぼエンドレス(^^;で聞いていたそうです。

その話を母から聞いた時は
『ほんとー?よかった』なんて
そのくらいな気持ちだったのです、
母もあのテープがあって助かったわ、なんて。

でもごくごくたまーにその事を思い出すと、
ジィジ、バァバがいるとはいえ
初めて一人でお泊りした事を思うと
すごいなぁと。

あのテープがあって頑張ってお泊りできたんだなぁと思うと

もしかしてお守りのような物になっていたとしたら嬉しいなと。


ジャムらず、コロったさんにも
そんなお守りになるような
言葉とか、場所とか、もっといろいろなんだけど
作ってあげたいなと思いました。

ずっと作り続けることが暮らすこと。
そんなことを思いました。
C9EDED9C-98AF-4902-9B17-DD85C09CE7DB.jpg







posted by ジャムラ母 at 14:40| 茨城 ☁| Comment(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする