2018年02月20日

福岡堰、さくら公園の散歩。

ジャムらずコロったのお散歩はここで歩くことが多いのですが、
344A3CDE-1070-48F5-90DF-68DDC3EC857E.jpg

こんな看板があったことに今朝気づいたワタシ(-_-;)

こんなにぐるーーっと桜🌸だったのだ!!
近くに住んでいるのにこうして歩いて改めて気づくという…(*^^*)

4D92184A-F24F-4B92-A91B-CEC2BBC12C90.jpg

F1231BC1-4929-4A74-8460-AAC245436CCE.jpg
そんなに広い公園ではないですが(^-^)
静かに歩けて、いい公園です。
土日、休みの日は小さな子供さんとパパさんが多く遊んでいます。

D69B5E73-BE2D-41BD-A2B9-8AE138763B99.jpg
足場も、こんな風に

53103999-1A5D-4D03-A1D1-BF97ACF28293.jpg
石の上を歩いたりと。
小さなジャムらずコロったはバランス取りながら上手く歩いていて、
たまにコロったはズッコケたりするけど(^.^)
見てると気をつけて考えて歩いてる感じですよ。
ララなんて避けてすぐ芝生の上に行こうとしてる時もあるし。

59CAC8F5-A46F-4F9A-9DC7-A875A81035DC.jpg

緩やかな坂道もあったりして、結構楽しいです。

AAF0EFE3-946E-4D64-8A58-B6048E1B5299.jpg

先週のつくばお散歩トレーニングの時にもランチの時にでた話。

『犬と暮らしてなければ公園を歩くことはほとんどなかったのではないかなぁ』
ということ。

まぁ、花の季節とかね、その、季節に出かけることはあっても、こうして普通の公園だけど、自然の中を歩くと自分も自然のほんの、ほんの、一部であるよね。


犬と暮らすことによってとても心豊かになったこと、そういったことも思うとワンちゃん達はやっぱり【先生】だなぁと思うのです。





posted by ジャムラ母 at 11:55| 茨城 ☀| Comment(0) | 犬との暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

本を読もう。親子(親仔)。

少し前にFBのお友達のオススメの本。
887822B9-1B7E-4144-9562-B2585FAE25DD.jpg
タイトルが切ないですね。
人の親子の話ですが、
もう一度読みたい文があってそこを探しながらまたもう一度読んでみるとさらに深く感じます。

それは犬育てにも通じるのではないかなぁと思ったこと。

本の内容は摂食障害、引きこもり、虐待を受けて育った子などの親子関係の話なのですが、

親が気づき、子供をそのままを受け入れると問題解決に向かっていくのだなぁと。

親は、なぜだと子供を責め、またそんなふうに育てた自分を責める。

でも子供はそんなことは思ってるわけはなく、親に謝ってもらいたいわけではなくて。

私がこの本でもう一度読みたかったところは
引用しますと
【たとえ子供がまだ言葉を話せない赤ちゃんであったとしても親は子供に頼り、子供に助けられている。おっぱいをもらって満足している赤ちゃんの顔をみて救われるのは母親だ。】

救ってあげているようで、実は救われているのは母親だった…
また本の裏にも書いてあります、ここも。
【真の解決は親が子を救いだすのではなく、子に親が救われるのだと分かった時に訪れる。】とあります。
親が気づくということなんだなと。

親は子供のためにと思うけれど度を過ぎると
時にそれが余計な事だったりしますよね。

そして子供はその親に応えようとして頑張り、そして頑張り過ぎて壊れてしまうこともある。

また我慢する親を見てきた子は自然と意識しなくても我慢をするようになる時もあるようです。
こんな子供の顔からはきっと笑顔は消えてしまうだろうなと思いました。

親を見て子は育つ、だから親は笑顔でいるのがいいです。
たとえ作り笑顔でも。
子供は親の笑顔が見たいものですね。

だから親が悩むと子供もどうしたらいいかわからなくなるのだろうな。
悩ませようとしてるわけではないものね。

だから親を救うために子供は心の病にかかってしまうのだろうなと、

そんなことを思いました。

親は子供を包むというけれど、
子供は更に親のことを包んでいて、
親はそれに気づいていないのだろうな。

子を思う親の気持ち
それ以上に親を想う子供の気持ちがとても切ないと感じた本でした。

文も難しくないのでよろしければ読んでみて下さい、おススメです。

















posted by ジャムラ母 at 08:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

18.2.15 つくばお散歩トレーニング

今日は高崎自然の森で
CDS認定インストラクターのカエデさんのお散歩トレーニングでした。

0AA5D390-D511-4488-8CB6-EE889BA00411.jpg

ずっと一桁の気温で寒い日が続いてましたが、今日は暖かでした。

まずは広場まで皆さんと歩いて、その後自己紹介。

『お散歩トレーニングの場』は、お散歩苦手だった私にとって救われた場所なんだなとそんなことを思い出しました。

今は臆することなく歩けるけれど、参加し続けて今の私になったように思います。
周りの人にたくさん助けられたなぁと。
今度は私がその周りの一人となって迷える飼い主さんがいたら
『大丈夫、一緒に歩きましょう』と伝えたいなと思いました。そのためにもお散歩トレーニングの場所はそこにあって欲しい場所です。
3F66C7DE-052E-43D0-B910-41B573FED6A0.jpg

自己紹介のあとはカエデさんの名前を呼んでオヤツのデモがありました。
普段も1つ1つ大事に意識しながら。
ジャムちゃん、ララちゃん、コロった〜
呼ばれて嬉しいものにし続けようと思います。

名前を呼んでオヤツのデモを私も久しぶりにさせていただきました。
デモをするとララは嬉しそうです。
私もあまり緊張せずに出来たかな…
ララが頑張って動いてくれました(^-^)

36EA546E-9623-4439-8752-1F8CAC2239E3.jpg
いつも一緒に歩いてるコジ君の尻尾は今日もユラユラと揺れてましたね〜
ララは気になるのよね。(^-^)
そんな様子を見るのも私はとても嬉しくまた楽しいです。

久しぶりに皆さんと一緒に歩くことが出来て、私も元気をいただきました!!

91CDB71F-3DA7-47A8-91C7-7FA0BA2112E0.jpg

今日は仲良しのくう君とララ、楽しそうに遊ぶシーンもありました!

私とくう母さんはリードを張らないように絡まないように忙しかったけどね。

そしてやっぱり女帝だわ(*^^*)
『そこ!私が嗅ぐの!私が先ヨ!』なシーンもいくつかあったなぁ…
みんな許してくれてありがとう😊
みんなのおかげです。

許して、許されたり、
譲って、譲られて。
助けてもらって、
今の私とララがいるのだなぁ。

そんなことを思った今日のお散歩トレーニングでした。


カエデさん、
ご一緒しました皆さん、
ありがとうございました。

またよろしくお願いします。



















posted by ジャムラ母 at 22:00| 茨城 ☁| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする