2017年08月28日

視線を感じますよね。

ジャムの視線。
4A5D436C-D2FE-468C-8C08-87D0D1A2D509.jpg

写真は前のものですけど。

ワンちゃんたちはよーーく見てますよね、
視線を感じでこちらも見たら…
目が合っちゃいますね♡

ララはジャムと比べると私を見てるのが少ないというか、そんな時は寝てるのが多い(⌒-⌒; )

はじめの頃はじーっと見られて、
なんとなく見張られてるように思えて、
少し窮屈に感じてました。

でもチャーリードッグスクール(CDS)でお散歩トレーニングに参加して間も無く、夏目先生に聞いた事があるのです。

『じーっと見られてるのですが、私何かしたんでしょうか?』…の、ような質問だったと思います、よく覚えてないのですが。
(いま思うと変な事聞いたなって思ってます(⌒-⌒; ))

そうしたら
『見ていたいのでしょうね』とお答え。

はじめの頃は意味がよくわからなくて、
うーん、見ていたいのか…

私を見ていたいのかということがわからない飼い主の私でした。

そして数年ずーっとここで学ばせてもらって、
たくさんのお仲間の皆さんと知り合い、いろんなセミナーへ出かけるようになり、
いい刺激をいただき、とても勉強になり、またそれが苦しくなく、なぜか勉強が楽しくて。

でも生きてるとリズムってありますから、
いわゆる『調子のいい時、悪い時』って誰でもありますよね。

体調面、精神的な面、
でも全体通して『まあまあ』がいいんだな、生きるにはいつも全力だと息も切れるし、疲れるしね。いつ休むんだーーってなってしまうしね。

だから何が言いたいかというと、
ワンちゃん(動物たち)たちと暮らしてると、やはりリズムがあって、とても上手く行く時と、凹んでしまいそうになる時はあるし、それは自然なことなんだよねってことですね。

えっと話がそれてるようですが、

『ジャムの視線』の話。
よく今でも私を見ています。
そのことをお仲間の方に話したときに、

『見ていると安心するんじゃないですか?』
『見ていたいんじゃないですか?』
と言われて。

あ、と思いました。
はじめはわからなかったことが少しずつでもわかるようになってるのかな…

私も変わってきてるのだなっと
いつ頃か思って。

はじめの頃の気持ちと今は違って、
『そうなんだ、私を見てるとジャムは安
心なんだ』と思えるようになったのはいつ頃かな…?

ジャムと視線があって、
『ジャムちゃん♡』と名前を呼んだら、
フワリと尻尾を振ってくれた。
私の気持ちがとても温かくなって嬉しくなります。

初めは悩みがあったのだけれど、
その悩みについて学んでいって、そうするとあれもこれも知りたくなって、
『犬とは?』というところも、まだまだ私には奥が深くて難しくて。
でもそういうことを一緒に考えて学んでるお仲間の方と素晴らしい先生方とのご縁でそのような場にいられて、
とてもありがたいし嬉しいことです。

飼い主として一緒に暮らすワンちゃんのことを知っていくと自然と気持ちが変化して愛情もどんどん湧いてくる、
そんな学びだからこんなに続くのだなぁとしみじみ。

そうなんだ、ジャムは私を見てると安心するんだなぁと思ったら、ジーンときてしまいました。

06747B9A-D907-4142-A9EB-A42759B4AACA.jpg
この時は少しウトウトしてる感じ。

まつ毛がね、少し白く感じるこの頃です。




posted by ジャムラ母 at 13:25| 茨城 ☁| Comment(0) | ジャムのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする