2017年05月17日

リードワークワークショップ⑤

CDSのリードワークワークショップ⑤に参加してきました。
5回継続コースで修了証をいただきました。
AD6367A0-8A9F-42CA-8C61-6E31785FAEF2.jpg

私は犬ナシ参加なので、参加のわんちゃんのリードを持たせていただいての勉強でした。

ワークショップは体を使っての勉強なので、私はどちらかというと好きな勉強です。

でも回を重ねて気づいたのは、私がリードを持つとどの子も止まる事が多いな…ということ。
なんでかな??と思っていたのですが…
今日のワークショップでわかりました!!

私の動き方と立っている位置のようです。

私自身のクセになってるようなのでこれは直さなくては!と思いました。

これは他にもわんちゃんが『ちょっと嫌だな』と思ってることあるな、と思いました。

でも自分の事って見えないんですよね。
昔カセットテープがあった頃、録音した自分の声が可笑しくて、とても変に聞こえて嫌だなと思ったこと…録音しないと自分の声ってわからないけど。

行動、動作、クセって言ってもらわないとわからない、…動画を撮ればいいのか〜と思ったけどなかなかそれも難しいし。

だから言われたことは
『そうなんだ』と受け止める事って大切ですね。

ほら、大人になるとだんだん言われなくなってしまうから(^_^;)言われることは新鮮ですね、始めは戸惑うけれど。

それはつまり『まだまだ変われる』ってことだと思うので、プラスですね、いい事です。(^^)

そうして自分の肥やしにして栄養にする、成長するための栄養です。
そう思うと、どんどん言われたくなりますよね(^_^;)

今年の始めから応用行動分析学入門講座を学び、今までの自分を少しずつでも変えていこうと思っているのですが、なかなかそれも、難しくて…(^_^;)
自分で気づかなくてやってる事が多くて愕然とします。

リードワークもそう。

きっといろんなことに力が入って(肩とか)緊張してるわけではないけど緊張感として伝わってたりするかもしれないなとも思っています。

今日のワークショップでも
【体の力を抜いて自然体で無理なく動かす】と話もありました。
こういうこと全て動物であるわんちゃんには伝わってしまいますね、人よりもいろんなことを感じてるわんちゃん達。
その感じたことをボディーランゲージでシグナルで伝えてくれてますよね。

こうして思うのは、
犬という動物のことを勉強していかなければわからないことが多いばかりでなく、嫌だなと思うことを、してしまってたなという事に飼い主は気づかなければお互いの溝が、出来てしまって、もしかしたら深くなってしまっただろうなと。
だから…、
まずはそこに気づかなければ明るく楽しい未来はないような気もします(大袈裟でしょうか?)

ワークショップは継続コースで参加のわんちゃんもほとんど同じでつまりずっと一緒に歩かせてもらって、参加のわんちゃん達の成長と私が言うのも変ですが、親戚のオバちゃんの気持ちで眺めてたところもあって。
こんなふうにのびのびと楽しそうに歩いてて可愛いなぁと見てました。
(リードワークの勉強をしながらまた別の楽しみだったりもして)

犬育て、始まりがこんな風であるといいなぁと思います。
叱らないってとても大事!

リードワークの修了証はいただいてもさらに精進せねばと思います。
秋以降また頑張らねばダワサ!!

チャーリーママさん
ご一緒しました皆さん
わんちゃん先生、
ありがとうございました。

0261C8A6-AC1E-4CC2-BF71-506CA09CB8D0.jpg

ワークショップから急いで帰ってお散歩し、部屋で遊び、
行き倒れのように寝てるララ(^^)
行き倒れ…も久しぶり。





posted by ジャムラ母 at 22:34| 茨城 ☁| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする