2017年01月10日

今日はヤギさんの話。

今日は茨大へ、講義は『母子行動』について。
ウシ、ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギ…
分娩前の巣作りから始まり、母子間の絆形成、養育、安全の確保を目的に母からも子からも示す行動、
いくつか『型』もあるのですね。
母子間の認識は、なかでも嗅覚が重要との話でした。
犬も家畜動物だから同じですね、
うんうん、ここでも嗅覚のことが。
自分の子を識別して育てる、
うんうん、そう学びました。

そしてヤギの授乳の話のところ。
子ヤギに授乳しながら、また搾乳の両立の実験の話が興味深かったです。

どちらにも(母子)ストレスをかけずにするのは可能なのか?での実験の話でした。

やはり小さすぎると子ヤギにストレスがかかる(唾液から濃度をはかったり)

隔離した時、

隔離したら子ヤギが泣く、呼ぶそうです。

だから隔離しないで、する方法の話がありました。

授乳が必要な時期、母に甘えたい時期は離したらダメだよね、と話を聞きながらやはり犬のことを思いながら聞いていました。


最後小テストがあるので、私達聴講生はここで今日は終わりでした。

また来週、楽しみです。
それにしても教授は楽しそうに毎回話をして下さいます。

ほとんどの話が犬ではないのですが、
共通する所がいろいろあるのではないかなぁと思い、私も毎回楽しみです。

今月で終わりなのも少し寂しい気もします。
7664617A-BE5B-42AE-AB1D-B0DE55EA8848.jpg

今日はお留守番短めだったけど、
いつもありがとう。



posted by ジャムラ母 at 23:29| 茨城 ☀| Comment(0) | お母さんのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする